法人概要

法人の目的

 この法人は、地域のスキー文化発祥地の小出スキー場を利用し、スノースポーツの普及と振興を通じて、ふるさとである雪国の美しさと楽しさを子供たちに伝えるとともに、あらゆる年代が参加できる、多様な市民活動の場として、地域の活性化に寄与することを目的とする。

 

特定非営利活動法人スノーパーク小出の概要

名 称 特定非営利活動法人 スノーパーク小出
代 表 理事長 上村 伯人
所在地 〒946-0011 新潟県魚沼市青島1609
法人番号 7110005015298
意思決定機関 総会・理事会

 

 

法人沿革

平成24年

市営小出スキー場の閉鎖決定を受け、前身団体「小出スキー場を支援する会」が設立される

平成25年

3月 特定非営利活動法人 スノーパーク小出を設立

6月24日 新潟県より設立認証を受ける

7月18日 法人登記

9月 魚沼市より「中高年者健康促進事業」を受託

11月 魚沼市より小出スキー場の索道施設等の貸与を受ける

12月 小出スキー場の営業を開始 

   魚沼市内、近隣地域の小中高校のスキー授業、
   スポーツ少年団等の青少年育成の活動の場として活用を展開

平成26年

1月 「中高齢者向けの健康増進プログラム」を開催、延べ400人近い中高齢者の健康増進に寄与
5月 1期通常総会を実施
6月  小出公園を中心とした健康増進プログラムの提供、機材の貸出を実施。
12月 2年目のスキー場営業を開始、前年比118.3%の入込数を記録

平成27年

5月  2期通常総会を実施。NPO活動項目に「環境の保全を図る活動」を追加
   3期から決算時期を8月1日から7月31日に変更
   小出スキー場を中心とした清掃活動を2回実施
9月  新潟ろうきん福祉財団から活動助成を受ける
12月 3年目のスキー場営業を開始、近年まれに見る小雪の影響で前年比47.3%の入込
        となる

平成28年

4月  魚沼市教育委員会委託事業「魚沼市子ども地域活動推進事業」を受託
5月  小出公民館と共催で「里山トレッキング」を実施
9月 3期・4期通常総会を実施
9月  社)日本ノルディック・ウォーク連盟よりノルディック・ウォークステーションとし
   て公認を受ける

平成29年 1月 4年目のスキー場営業を開始、前年比151.2%の入込数を記録
1月 中高齢者対象スキー教室「脱!冬ごもり教室」を計9回開催し健康増進に寄与
4月  魚沼市教育委員会委託事業「魚沼市子ども地域活動推進事業」を受託
5月 5月から定期ノルディックウオーク前期12回実施
5月 5月から小出公民館と協働で里山トレッキング・ノルディックウォーク体験を実施
5月 小出スキー場清掃活動を約100名の参加者とともに実施
9月 5期通常総会を実施
9月 9月から定期ノルディックウオーク後期13回実施
12月 5年目のスキー場営業を開始、前年比130%の入込み数を記録
平成30年

4月 魚沼市より見晴らしの湯こまみの一部業務を受託
4月 環境省モニタリングサイト1000に小出スキー場として登録
5月 定期ノルディックウオーク前期11回実施
5月 5月から小出公民館と協働で里山トレッキング・ノルディックウォーク体験を実施
9月 6期通常総会を実施
12月 6年目のスキー場営業を開始、少雪の中、予定した営業予定日まで運営を行った。

令和元年

4月 魚沼市より見晴らしの湯こまみの一部業務を受託
5月 定期ノルディック・ウォーク活動開始
9月 7期通常総会を実施
2月 7年目のスキー場営業を開始、異常少雪により、1週間のみの営業期間となる

令和2年

4月 魚沼市より見晴らしの湯こまみの一部業務を受託
4月 新型コロナウィルスの影響を受け、見晴らしの湯こまみの営業を休止
5月 緊急事態宣言の解除に伴い、見晴らしの湯こまみの営業を再開
5月 環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受け、こいでのたからみっけ隊とし、環境教育活動を実施
6月 魚沼市民を対象に少人数制でのノルディック・ウォーク活動を再開
8月 魚沼市教育委員会の委託を受け、うおぬまわくわくキッズを実施
9月 子どもゆめ基金の助成を受け、自然発見活動魚沼の活動を実施
12月 8年目のスキー場営業を開始、コロナ禍の中、予定通りの営業を行った。

令和3年

4月 魚沼市より見晴らしの湯こまみの一部業務を受託
4月 魚沼市より小出公園の管理運営業務を受託

活動報告

貸借対照表